スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタル移籍

初めて買ったドロップハンドル車、’04スペシャライズドセクォイア。

これで随分走りました。初めての知多半島一周、伊勢街道、奈良の大仏さんにじゃんけんを挑みにも、
しまなみもこいつといっしょに。

フレームも凹んでしまって満身創痍だけど、まだまだ全然問題なし。

最近は随分ご無沙汰なので、自転車に乗りたがってる会社の人にレンタル移籍することに。
性能は今時のロードには遠く及ばないけれど、雰囲気なら十分味わえるのではないかと。

ホントに気に入ったら自分の好きなものを買えばいいしね。

s-sequoia.jpg

楽しませてあげられるといいな。


スポンサーサイト

敦賀駅の駅員さんに指摘された。

先日のサイクリング。
気持よく帰ろうと輪行袋(モンベル クイックキャリー)
に包んで電車をぼーっと待っていると、駅員さんに話しかけられた。

「申し訳ございませんが、サドルが出てると持ち込みが出来ないので、
次回からはサドルも袋に入るような輪行袋でお願いします。」

と。

ホームページを見てみた。

まずはJR東海。きっぷのルール

●サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの

サドルがどうこうとは書いてないですねぇ。

じゃぁJR東日本。きっぷに関するご案内

●サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は、解体し専用の袋に収納したものまたは、折りたたみ式自転車においては折りたたんで専用の袋に収納したもの

JR東海と全く同じ文章ですね。

で、指摘された敦賀駅が所属するJR西日本。きっぷのルール

ここでは何と画像つきで説明してあります。


rule_img4_2_1.jpg
「サイクリングやスポーツ大会などに使用する自転車は解体して専用の袋に収納してください。折りたたみ式自転車の場合は、折りたたんで専用の袋に収納してください。」

完璧な袋状態です。素晴らしいですね。

rule_img4_2_2.jpg
「自転車を専用の袋に入れずに車内に持ち込むことはできません。」

そりゃ納得。

rule_img4_2_3.jpg
「折りたたみ自転車であっても、専用の袋に入れなければ車内に持ち込むことはできません。」

これもその通りでしょうねぇ。


で、ワタシが指摘されたのはどうもココのよう。

rule_img4_2_4.jpg
「一部が袋から露出している場合は車内に持ち込むことはできません」

サドルが云々ということではなく、一部が露出してるのがマズイということらしい。


クイックキャリーやコクーンはピンチです。フロントフォークが出ちゃうタイプも
JR西日本ではいけないということになりますね。

まぁ、クイックキャリーは確かに場所を取って、混雑してる時など気は引けていたのは確かなので、
なにかいいものがないかなと物色してたら、暫く覗いてないサイクルベースあさひに
面白そうな輪行袋があったので思わずポチってしまった。

新型輪行袋 RB003

とりあえずコレならJR西日本でも文句は言われないだろう。


でももうちょっと声を大きくしてアナウンスしてくれないとわかんないよ。
ここのページ探すのも大変だったんだから。


にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

出てきた

先日の高倉峠サイクリングで、ボンベを一本しか持ってきてなくて2回目のパンクで青ざめた。

今回はそんなことが無いように慎重に荷造り。
ゴソゴソとザックの中を点検しつつ荷物をまとめていると、
奥の方にとても大切にしまい込まれてたCo2ボンベを発見。



ちゃーんと持って来てたのね。
入れたことを忘れるんだもんなー。齢は取りたくねぇ○| ̄|_

今度は覚えておこう。ココに緊急のボンベがあることを。



全然自信はないが。


自分の不器用さに改めて驚くの巻 ワイヤーハンダ処理

こないだ。(先日)

淡墨桜サイクリングでフロントディレーラーのワイヤの伸びを直すときに
ワイヤキャップがハズレて解けてフシャフシャになって悲しい思いをしたので
ちょっと前からやってみようと思っていた半田処理を試してみた。

実家からハンダゴテを持ってきて(100wだった)
フラックスとステンレス用はんだを買ってきていざ!

まずはペーパーでワイヤーをゴシゴシしてからブレーキクリーナーで脱脂。
フラックスを塗り塗りしてワイヤーをあっためてはんだを付ける。

うーん。文字で表すととっても簡単だw
きっと器用な人なら本当に簡単なんだろうね。


忘れていた。



自分が不器用なことを。


0419 handa


すげぇいびつ。

とりあえず、ほつれの可能性はなくなったので当初の目標は達したものの、
もうちょっと何とかならんかオレ(´・ω・`)

ワイヤー3箇所に色々やってみたんだけど、一気にハンダを付けてはいけないのか
一気に乗せた方がいいのか、そのあたりの感覚すらつかめなかった。

修行が必要っすね。

BRIDGESTONE ANCHOR RNC7 

納車から2週間経ったRNC7。

himiyoshi03.jpg

二週間と言ってもまだ310キロしか走ってないけれども、
お山二つ(二之瀬、池田山)と140キロのサイクリングでの感想をば。
今まで乗っていた’04 スペシャセコイアとの比較しかできませんが。

アンカーはロード二台目。
正式なロードバイクは初めて、と言っていいかもしれない。
せコイアはロードバイク初心者を標的としたバイクだったので、
レースよりもツーリングに振った感じ。ハンドルも特別な形をしていて
シートポストはサスペンション。(重いくせに意味がなかった)

まず乗って感じたことは、
振動が穏やか。優しい。
セコイアはギャップに合う度にカーンって感じで体に伝わっていたんだけど、
RNC7はかなり吸収されて体に伝わってくる。

巡航が楽しい。
セコイアは踏んだ分だけ進む感じなんだけど、
RNC7はおまけがついてくる感じ。リズムに乗って回してると
知らないうちにスピードが乗ってる。

峠は辛い。
やっぱ重いです。でもここはパーツの問題も若干あるので一概には。
でもリズムに乗るといいのかも。これは自分の問題ですね^^;

下りの安定感
素晴らしい!セコイアはちょっと怖かったけれどその不安はRNC7には無い。

でしょうかね。
乗ってて楽しいバイク。スピード関係なく楽しめます。
速さを求めるなら、カーボン買うのが一番ですね。

塗装が意外とヤワ
買って2日で小石でもヒットしたのでしょう。シートステイがちょと禿げてた。
タッチペンでヘタクソ補修。

シートステイ

まずは買って後悔はしていない。
国産車って最近意外とみんな乗ってないしね。


さて、275円の効果はいかほど?

先日購入した275円の安全靴用防寒キャップ。

キャップ使用

早速先日の多度大社ポタで装着、実践してみたんですけどね。

結論から言うと、ダメでしょうねぇ。

足と靴面の距離がさらに近づくというか、ぴったりフィットするので
さらに冷気が直接やってくる感じ。
ポタ当日は気温が10度程にまで上がったのにも関わらず、冷たさを感じるようではダメですね。


作戦失敗ですなー(笑)









サングラスのレンズ拭きにでも使えるでしょうかねぇ・・・
NEXT≫
プロフィール

himiyoshi

Author:himiyoshi


四捨五入で50歳突入。
自転車でポタリング、ゆるゆるのサイクリングが趣味。
景色を見ながらなので、脚と同じくらい首がこりますw

でも最近乗ってないので、自信喪失中。
ホントはちょっと坂を上れるようになりたいと
思いながらバリバリのローディに冷たい目で見られるのが恐ろしいのでなかなか行かない小心者。

横に成長中(哀)

リンク
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
Warning!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。