スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊半島弾丸縦断ツアー Day2 十津川温泉へ

奈良健康ランドのソファはどうも寝づらい。
オットマンが安定しなくてどうにも落ち着かないんだね。
地べた&マットレスの仮眠室があるといいけど、ホテルも併設してるから
きっと無理なんだろうなー。

無理やり寝て05:00、起きて朝風呂へ。

この日はとっても楽しみな十津川温泉。



・・宿、決まってないけど。。 オフロに入ってまったりして07:00、予定通り出発。
この日も文明の利器、あいほーんとがーみんにおんぶに抱っこのルーティング。
まずは吉野家朝定食。ワタシの定番ハムエッグの納豆@400円を腹に入れて。
ここはおねぇさんが一人で切り盛り。忙しそう。でも慣れているのか全く慌てずお客を
さばいてた。さすが。

R24からR169を南下、途中がーみんの神に誘われ土佐街道へ
全く不勉強だったんだけどここがまたいい雰囲気を醸し出してた。

Day2 土佐街道

ゆるゆると上り、R169からR309、下市町役場からK20と順調に走る。
今までは排気ガスと車にビビりながらの走行だったが、K20に入ると一転、
うぐいすの澄んだ声を山に響いてとても気持ちいい。
そんなたいしたことない坂道をのんびり上る。

Day2 樺の木峠途中
此処から先、こんな道ばかりで斜度もこれくらいだったらサイコーだねぇと話ししつつ走ってると、
この先樺の木峠があるとの標識が。

うぉぉやっぱり峠かー。と身構えて進むと、もうそこは峠でした。

Day2 樺の木峠

ここから気持ちのいい道を下って、R168へ。

ここからが本番でした。
国道ならではのいやーな斜度。真っ直ぐ伸びる坂道。
ひいこら上って途中のこんぴら館で休憩。再び坂道をひいこら。
トンネルを超えて道の駅で補給食として買っておいた薄皮クリームパンでランチ。

どうやら峠を超えたよう。下り基調になって快調に進む~。
猿屋ダムを眺めながら下って

Day2 十津川村突入

無事に十津川村に入る。
入ったとはいえこの日の目標、十津川温泉は村の南端。まだまだだ。
それでも下り基調で快適に走ってるとこの日の唯一の観光スポット、
谷瀬の吊り橋が見えてきた。

Day2 谷瀬吊り橋全景Day2 谷瀬吊り橋02Day2 谷瀬吊り橋03

おっかなびっくり対岸に渡り、対岸のお店でめはりずしをおやつに。
お茶をいただいてまったりとして。
ここから温泉は下りなんだろうか?とか話してたらお店のおねぇさんが
まぁだいたい下ってますよと嬉しいお言葉。

そろそろ真面目に宿の心配もせねばなりませんし。

風屋貯水池~風屋ダムを眺めながら下って、小さなトンネルを抜けると
観光協会センターが。
ここに立ち寄ってhideさんが宿の交渉に。
安い民宿を探してると伝えると、良い宿を紹介してくれました。
どうやらこの日はGWとはいえ平日だったのであっさりと空きがあった模様。

紹介してもらったのは、民宿 松乃家さん。露天風呂完備とのこと。

今日の宿が無事に見つかり、気分がだいぶ楽になった。
お礼を言って少し走ると、道の駅に足湯が。
湯泉地温泉の足湯とのことで早速入ってみる。
湯泉地温泉は硫黄の匂いがするんだけど、十津川温泉は硫黄臭はとても少ないと
観光センターのおねぇさんが教えてくれてた。確かに硫黄の匂いが程よく。

足湯って気持ちいいんだねぇ。この年になって初めてだったんだけど、血行が良くなって
ぽっかぽかになるんだねぇ。
出来れば自転車乗りなので、ひざ下くらいまでの深さがあるとさらにいいんですけどね。

と、体力&気力を回復させてもうひと踏ん張り。

10キロほど走って無事に松乃家に到着。

Day2 松乃家部屋からの眺め

部屋もなかなかいいところで窓からの眺めもいい感じ。
部屋に入り一息つく間もなく、次の日の宿の手配にhideさんが動く。
当初予定していた勝浦温泉はさすがに取れなかったが、最終目的地近くの串本で
無事に民宿を確保。これで安心して次の日も走れます。感謝。

屋上にある露天風呂に入って一息ついて、

Day2 松乃家夕食

民宿ならではの素朴な料理で乾杯。ワタシはその後部屋で秒殺でした。







この記事へのコメント

- tsukasanohide - 2010年05月04日 21:38:12

おーっと!いつの間に料理の写真を撮っていたんでしょう。
私は食べるのに夢中で、全然写真を撮っていませんでした(^^;

- himiyoshi - 2010年05月05日 05:13:21

>hideさん
いやぁ今回はホント、食べ物は普通でしたねー。
食べ物の画像はこれだけと言ってもいいかもw
味付けもあっさりしててワタシ好みで良かったっす。

- kuma - 2010年05月05日 12:23:01

十津川の吊り橋 怖そうですね。
下を見たらはるか彼方???
おお 怖!

- himiyoshi - 2010年05月05日 13:01:27

>kumaさん
そのとおりです^^
下は恐ろしくて写真、撮れなかったですわw
歩く度に揺れる揺れる。地元の人のみ自転車通行可だそうですよ。

- kumo - 2010年05月05日 14:50:36

吊り橋は、まさか、自転車に乗ってですか?押してですよね!?
押してでも私は、足がすくみますね。 いやぁ~、旅情緒がたっぷりですね。
ますます、旅の最終章が楽しみです。

- himiyoshi - 2010年05月05日 15:42:28

>kumoさん
いえいえ、自転車は置いてきてます。完全に歩きです。
あの揺れで自転車に乗るにはちょっと勇気がいりますね(笑)

- mag - 2010年05月05日 18:15:50

今回はひみさんが坦々と坂を上っていくのを見て、毎週乗ってるとやっぱ違うなーと感じた。
それにしてもノーマークの天辻峠はきつかったねー。
その分、温泉が気持ち良いんだけど^^;

- himiyoshi - 2010年05月05日 20:18:45

>magさん
あれ、天辻峠っていうんですか。GPSログがなかなかカッコいいです(笑)
基本的なエンジンの性能は変わってないと思うんで、
やっぱりRNC7の性能なんじゃないかと思ってます。
決して速くはないけれど、自分のエンジンなりに伸びて進むって感じがいいですねー。

温泉はもう、サイコーでした^^

トラックバック

URL :

プロフィール

himiyoshi

Author:himiyoshi


四捨五入で50歳突入。
自転車でポタリング、ゆるゆるのサイクリングが趣味。
景色を見ながらなので、脚と同じくらい首がこりますw

でも最近乗ってないので、自信喪失中。
ホントはちょっと坂を上れるようになりたいと
思いながらバリバリのローディに冷たい目で見られるのが恐ろしいのでなかなか行かない小心者。

横に成長中(哀)

リンク
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
Warning!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。