スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田巻き求めてポッタポタ 八百津方面へ その1

日曜日。
この日も朝、雲がどんよりと。
起きてすぐPCを起動して雨雲レーダーチェック。
雨雲がぽつぽつと見受けられた。
しばし待機して7:00、再確認すると雲はさっきほどじゃなく、
TVの天気予報も晴れると自信満々だったのでGO!

家jからしばらくで木曽川堤防に到着。
138タワー
この頃には雲が取れてきだした。
今日も大丈夫そうだ~。安心して桜並木をのんびりくるくる。
木漏れ日
今日は昨日の小田巻きが食べられなかったショックもあり、
頭の中は小田巻きが飛び交っていたので
それを沈めるために木曽川を遡上するのだ。 25k/hを維持しつつ堤防を走る。
休みのせいもあっていつもよりも交通量が少なめで走りやすい。
おまけに少し追い風だ。

と、いうことは帰りはモロ向かい風。
このパターンは午後からきっと風がきつくなるだろうと予想、ここからセーブセーブ。
ちょっと前までは調子に乗って走っちゃって、帰りヘロヘロモードになってた。
それでも何とかいけたんだけど、今はセーブしても行けるかどうか、
自信がなくなってるので特に気を使って。
自転車がイヤになるのは、イヤだもんねぇw
途中扶桑(だっけ?)サイクリングロードを使う。
でもここは自転車よりもウォーカーやジョガーが幅を利かせまくってて、
さらにのんびり走行を強いられる。
それでも木曽川を間近に見つつ走れるので気持ちがいい。
これを使うと犬山まで快適。
犬山城
無事に犬山まで。ちょっとお城を眺めて一休み。
ここからしばらくR21を走って日本ラインロマンチック街道へ。
ここまで走るR21は本当に恐ろしくて、歩行者や自転車の事はこれっぽっちも考えてない道。
大体歩道が右側→交通量の多い道を横断歩道もないところで渡らせ左側歩道へ行かせるとか
信じられん作りになってるのでイヤ。
ロマンチック街道
でもここからのこの道はなかなか。この道の下には旧中仙道、大田宿もあります。
気持ちよ~く流して美濃太田から再びR21。
道幅も歩道もさっきよりうんとマシ。追い風に助けられくるくる回します。
R41に接続してしばらく走ると念願の小田巻き屋さんが。
おだまきや
酒屋さんが本職なのか、小田巻きが本職なのか、はたまた両方なのかは謎なのだが、
ひとつずつ丁寧に焼く小田巻き。
手作り
餡も甘くなくて出来立てはカリカリホックホク!
頭の中で暴れていた小田巻きもようやく沈静化した模様。
旗とおだまき

場所はここです。


大きな地図で見る

ここからトロトロな飛騨川を渡って
飛騨川
八百津町へ向かいます。

後半へつづく~。





この記事へのコメント

- kanbeya - 2008年09月16日 06:05:43

鵜沼から坂祝までの21号はホント走り難いですよね。大型車がたくさん通るのに路肩はほとんどないわ、歩道は狭いわ、その歩道は右側だったり左側だったりと・・・最悪。ロマンチック街道が犬山まで延びれば立派なサイクリングロードになるのにね。

酒屋の小田巻き、気になります。

- himiyoshi - 2008年09月16日 07:27:11

>kanbeyaさん
あれさえなければ子供を連れて一緒に行けるんですが^^
何とか犬山まで延びてくれないものでしょうか。

木曽川がずっとサイクリングロードでつながるといいでしょうね。
多摩川や木津川みたいになると
すんばらしいでしょうに。

小田巻き、なかなかっすよ。

- まぐ - 2008年09月16日 12:41:31

写真で見ると小田巻きの皮は薄そうだな。
あまりに地元すぎて、前を通り過ぎるだけで買ったことなかったから今度行ってこよっと。

- himiyoshi - 2008年09月16日 21:25:21

>まぐさん
皮、薄いでしょw
焼きたてはホント、パリパリっすよ。是非おみやげに!

トラックバック

URL :

プロフィール

himiyoshi

Author:himiyoshi


四捨五入で50歳突入。
自転車でポタリング、ゆるゆるのサイクリングが趣味。
景色を見ながらなので、脚と同じくらい首がこりますw

でも最近乗ってないので、自信喪失中。
ホントはちょっと坂を上れるようになりたいと
思いながらバリバリのローディに冷たい目で見られるのが恐ろしいのでなかなか行かない小心者。

横に成長中(哀)

リンク
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
Warning!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。