スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バナナがもうすぐ戻ってきそう 自転車無関係日記

例のバナナダイエットが放送されて以来、
運動せずに楽にやせようと心もメタボな人がバナナを買い占めてるおかげで、
日ごろ毎日食べられていたバナナが消えてしまって悲しい思いをしているのだが、

どうも昨日TVでどこかのお医者さんが、
あればっかやってると太る体質になるぜぇ!と言っていたと
娘とヨメが言っていた。
(どの番組なのかはわからないと言っていた。)
多分、新潟大医学部の岡田正彦教授のこの意見だと思うのだが、
バナナダイエットに一定の効果はあるとみる。「果物は、カロリーが多くないので、一日の食事での割合が大きくなれば、当然やせてきます」。しかし、このダイエットをすることには、懐疑的だ。

「栄養には、炭水化物、たんぱく質、脂肪という3大要素があります。果物ばかり摂取すると、たんぱく質や脂肪が欠乏して、様々な病気にかかりやすくなります。体内細胞が弱って感染症になったり、がんにさえなったりすることがあります。たんぱく質でできている抗体が減って、がんを防ぐ免疫機能が弱るからです。リンゴ、コンニャクなど特定の食品を食べてやせる方法は、やらない方がいいでしょう」
ただ、岡田教授は、肥満は健康によくないため、減食と運動でやせるべきだと言う。

「ごはんやおかずなど1日に食べる量を、まんべんなく減らしていくことです。楽してやせようとするのではなく、運動しながらやせる努力が必要でしょう。流行に振り回されないことが一番大事。人によって体質、生活習慣などが違うので、タレントなどのまねをすれば健康を壊して損をすると思いますよ」


この人は毎日新聞で「結構ウソが隠れている健康法.」を言っている人なのですね。

 新潟大医学部・岡田正彦教授が指南 結構ウソが隠れている健康法


◇夏バテ脱出、メタボ対策、ストレス解消…「ほどほど」が一番

夏バテ脱出の季節がやってきた。メタボ対策、ストレス解消、それとも新手のダイエット? 健康法をいろいろ試してみたくなるけど、予防医学と長寿科学が専門の岡田正彦・新潟大医学部教授(61)は「健康には、ほどほどが一番」という。

メタボリック症候群が注目を浴びる中での、胸痛むニュースだった。三重県伊勢市役所の男性課長(47)が8月、市の「7人のメタボ侍 内臓脂肪を斬(き)る!」という企画に参加。100センチのウエストの10センチ減を目標に運動中、急性虚血性心不全で急死したのだ。

「ほどほど」が信条の岡田医師は「最近、『肥満=悪』と騒ぎ過ぎ。急な運動やダイエットはむしろ危険」と警鐘を鳴らす。「確かに肥満は多くの病気と関係が深い。しかし、米国で4万人もの男性医療従事者を対象に10年間調べた結果、一番長生きしたのはBMI(体重キログラム÷身長mの2乗。日本では25以上が「肥満」。標準値は22)が24、すなわち少々太めの人でした」

        *

人々が何となく信じている健康法には、結構ウソが隠れている、と岡田医師は指摘する。

例えば「血液サラサラ、ドロドロ」という言葉。タマネギで、納豆で、大量の水で、血がサラサラと血管を流れていくさまをイメージした人も多いはず。しかし、岡田医師はこのイメージを一笑する。「視覚的に分かりやすい映像をメディアが多用したため、『血液サラサラ』を生活習慣病予防のカギと誤解した視聴者も多いようです。でも実際には、血液はテレビが言うように『サラサラ』や『ドロドロ』にはなりません」

私たちの体内では、細い所ではわずか2~3マイクロメートルの毛細血管の中を、8マイクロメートルほどもある赤血球が形をしなやかに変えながら流れている。赤血球がしなやかさを失うと血管を通りにくくなる。コレステロールや中性脂肪を包むリポタンパクが増えても同じ。医学の世界では「血液の粘度が上がる」と表現する。

しかし、「健康番組が主張するように、何かの食べ物やサプリメントを口にしただけで急に血液の粘度が上がったり下がったりはしません。おまけに血液の粘度と生活習慣病との関係は未解明。『血液サラサラ=健康』は二重の意味で間違えているのです」。さらに「水を大量に飲もう、という健康法もナンセンス。この夏はむしろ、水分の取りすぎで血液が薄まり、疲労感や足がつるなどの症状を訴える患者さんが目立ちました」と注意喚起する。

        *

最近はストレスが目の敵にされ、「ストレスをためる人は長生きできない」という説もある。中には「ストレスを解消せねば」と思い詰め、余計にストレスをためる人もいるそうだ。しかし、「実はストレスを数値化するのは難しく、確立した検査法もない。せいぜいアンケートがあるだけです」。

例えば、97年に米国心臓学会誌に報告された調査。健康状態や老後、家計、リストラ、孤独などの身近なテーマについて不安の度合いを尋ね、心筋梗塞(こうそく)の発症率との関係を調べた。両者の間には比例関係が見られたが、死亡率とストレスの間には関係は見られなかったという。「ストレスはためないにこしたことはないが、ストレスだけで早死にすることはない。あまり思い詰めないのが一番です」

        *

ストレスをためた時、つい手を伸ばすのが酒やたばこ。運動で上手にストレス解消する人もいるのだろうが……。健康とはどんな関係にあるのだろう。

まずアルコール。「基礎研究レベルでは、アルコールは人間の体には毒でしかない。ところが、大規模な調査を実施すると、毎日コップ1杯程度のアルコールをたしなむ人が一番死亡率が低いことが判明した」

理由は未解明。「おそらく、軽くアルコールを飲むことでリラックスする時間を確保できることが、良い効果を上げているのでしょう」と岡田医師。1杯だけ、というあたり、やはり「ほどほど」が大事らしい。

一方、「ほどほど」でも済まないのが喫煙だ。「がんの約21%は喫煙が原因で、両親のいずれかが喫煙している家庭で25年間を過ごした子どもの肺がんになる確率は2倍。心筋梗塞、脳卒中、慢性肺疾患などの原因にもなる」。米国の調査では、たばこを吸わない人の死亡率を1とした時、1日15本で死亡率が約1・5倍、20本で約2倍になった。「喫煙者の中には『禁煙してももう遅い』という人もいる。でもこの調査では禁煙後約3年たった人の死亡率が、吸っていない人と同じだった。今からでも間に合うのです」

        *

運動と病気との関係はどうだろう。「運動不足でがんが増える、という事実が最近判明しました。特に大腸がん、乳がん、子宮がん、肺がんなどで増えます。さまざまな調査結果を総合すると日常的に運動している人に比べ、ほとんどしていない人は、9%ほどがんが多い。また、心臓病、糖尿病、高血圧症も運動不足で増えることが明らかになっています」

運動不足は、なんと寿命にも影響する。英国で2万人以上を対象に8年間実施された追跡調査によると、仕事やスポーツによる運動量が増えるに従って、寿命は長くなったという。

メカニズムまでは解明されていないが、1日30分程度の有酸素運動が一番、寿命を延ばすという調査結果もあるそうだ。一方、単なる徒歩では効果がないこともわかっている。「ただ歩くのではなく、心拍数が少し上がる程度の運動が大切。例えば大また歩きや軽いジョギング」

ただし、これもまた「ほどほど」が一番。無理な運動は体に悪い影響を与えかねない。

つまりは何事もほどほどに、というのが岡田医師の「ほどほど養生訓」だ。「もっとも、『ほどほど』と言うと、今度は『ほどほどの範囲とはどのくらいなのか』などと神経質になる方もおられます。人間にとっての『ほどほど』の許容範囲は案外広いのだと思いますよ」

まずは肩の力を抜き、「ほどほどに」始めてみよう。食欲と運動の秋はもうすぐそこだ。

■ほどほど健康法5カ条■

 (岡田医師作成)

 一、毎日30分の運動

 一、肉より魚、バターより植物油を。穀物、野菜、果物、大豆などをできるだけ多く食べる

 一、コレステロール、塩分の多い食品はできるだけ避ける

 一、BMIを26以下に

 一、1日1杯のアルコールかお茶でリラックス

(毎日新聞 2007年9月4日)



こういう人がバンバンTVで言ってくれると、ウチにもバナナが戻ってくるんですけどね^^;

しかし追い討ちをかけるようにこんな記事が。

二の腕タプタプの深田恭子“12キロ減量”の仰天
●映画「ヤッターマン」のためにバナナダイエットを敢行
 深田恭子(25)がスリムになったと評判になっている。流行のダイエットに挑戦しては失敗を繰り返してきたが、12キロの減量に成功し、最近はあえて露出の多い衣装を着用しているという。
「ミニやタイトなスーツなど脚線や体のラインが一目でわかる衣装を着て公の場や収録現場にやってくる。CMなども大胆に肌を露出している。目を凝らすとウエストがキュッとしまり、トレードマークだったタプタプの二の腕もスッキリしました」(芸能プロ関係者)
 深キョンは暴飲暴食で知られる。麻布や恵比寿の飲み屋に現れては豪快に酔っぱらい、新宿2丁目にも出没していた。ケーキやチョコレートが好物で脂っこい食べ物にも目がない。しかも最後はビールとギョーザ、塩ラーメンという豪快な生活を送っていたことも有名だ。
「深キョンは“スタイリストキラー”で、少しでもやせて見えるように黒い衣装しか着ない。体重の増減が激しく、ドラマの収録中に体形が変わるので、スタイリストは同じ衣装を何着も持っているほどです」(事情通)
 そんな深田が過去、40回近くダイエットにチャレンジしてはリバウンドを繰り返したが、決意も新たに新ダイエット法に挑んだのには逼迫(ひっぱく)した事情があったからだ。来春公開の映画「ヤッターマン」でドロンジョ役を演じるが、下半身太りで衣装が合わないトラブルが発生してしまった。スタッフがV字ハイレグを用意したが、リハーサル中に“ピリピリ”とお尻の部分が裂けたという。20億円の製作費を掛けた大作で失敗が許されないだけに、女優生命を懸けてバナナダイエットに挑戦したのだ。
「締めのラーメンセットを厳禁とし、朝はバナナ1本と水だけ。これを3カ月間続けて12キロ落としました」(関係者)
 激ヤセした深田はドラマ「学校じゃ教えられない!」(日本テレビ)や「ヤッターマン」でフェロモンを振りまき、さらにドロンジョとしての写真集発売の提案までしているとか。リバウンドだけが怖い。



でもこれってバナナじゃなくて締めのラーメンセットを止めたからではないのか?w
まぁこんなの、即リバウンドですけどね。

こんなバナナを買い集めてる人たちにこそ、自転車に乗ってくれると良いんですけどね。
TVもそのあたりちゃんとやってくれればいいのにね~。

まぁよそさまのブログ見てても、そろそろ飽きてきてる人もいるみたいだし。
ぼちぼち戻ってくるかなとは思ってます。



この記事へのコメント

- たけぴろ - 2008年09月30日 10:01:17

こんにちわ。
バナナ…
出ましたな。その話題!
私も昨日嫁に頼まれスーパーに行ったらバナナのコーナーだけ空っぽでしたね~まさかここまで顕著だとは!
記事の通り、こんなこと徹底してる主婦のみなさまリバウンド必至ですなー。コツコツとメンド臭いことは敬遠したいのはわかるですがねー(私も)。
それはそーと深キョンはカワイイ♪あのズングリしてんのがいいんだと思うが。
てか、もともとドロンジョのイメージは無理があるんじゃなかろか~?
深キョンもチャリやればいいのに~!
化粧品コーナーでエビちゃんがメッセンジャースタイルのPOPが立ってましたけど、かっこいい~素敵~でした!

- himiyoshi - 2008年09月30日 15:36:45

>たけぴろさん
あはは、やっぱり無かったですか

もう夕方過ぎたら無いですね、間違いなく。多分みんな1週間くらいで激ヤセするとでも思ってるんでしょう。
ホント自転車に乗ればいいのにね。

深キョンはドロンジョじゃない方にワタシも賛成っす。

- tsukasanohide - 2008年09月30日 16:50:54

なんでもほどほどにしないといけないんですね。

この機会にもうお酒をやめよかと思いましたが、少量だけにすることにします(^^;

- 黒猫 - 2008年09月30日 17:39:14

いやはや  流行り物は本当に怖いですねw 終焉もまじかかと思いつつダイエーに行けば北区辺りは今だ安い方のバナナは即売り切れになっています。深きょんの記事も皆さんお読みになったんでしょう。まだまだ続きそう

- himiyoshi - 2008年09月30日 21:34:29

>hideさん
ほどほどってのも、きっと個人差があるのだと思います。
hideさんはこのままでも大丈夫じゃない?
ただ汗をたくさん出した直後のビールはよろしくないそうです。
まず水分を補給してからじゃないといけないようで。
あんなに美味しいのに、残念な話です^^;

- himiyoshi - 2008年09月30日 21:39:36

>黒猫さん
そうなんですよ。バナナが無いんですよ(泣)
でも、飲んだ後のラーメン止めれば痩せるやんって誰もつっこまないところがマスコミの荒廃っぷりを表してます。こんなのに踊らされる日本人(ワタシも含む)はとても素直で純朴でシアワセだと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

himiyoshi

Author:himiyoshi


四捨五入で50歳突入。
自転車でポタリング、ゆるゆるのサイクリングが趣味。
景色を見ながらなので、脚と同じくらい首がこりますw

でも最近乗ってないので、自信喪失中。
ホントはちょっと坂を上れるようになりたいと
思いながらバリバリのローディに冷たい目で見られるのが恐ろしいのでなかなか行かない小心者。

横に成長中(哀)

リンク
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
Warning!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。